2018年12月17日月曜日

受験コースの通常授業は今週までになります

毎年の飾り物ですが、2代目になります
この時期になると、週末に木更津港で花火が上がります。

初めて花火の音が鳴り始めた時は、何が起こったのかとアトリエが騒然としましたが、今となっては季節を感じさせるイベントになりました。

ちょうど受験コースの人たちが帰るころに上がり始めるので、キサビの窓からも観ることができます。


受験コースの通常授業は今週の19日までになります。
20日と21日は、一般絵画教室と受付業務のみの営業となります。
業務時間は、10時から17時までになりますが、時間外を希望される方は、連絡をいただければ時間外でも対応いたします。

22日からは冬期講習会が始まります。
ここ最近からめっきり寒くなりましたが、気持ちを引き締めて取り組んでいきましょう。

2018年12月6日木曜日

もう12月です

ブルータスの制作をしました。
↑これが
いつの間にやら12月です。
日が暮れるのも早いので月日が過ぎるのも早く感じます。
今週も、始まったと思ったら明日はもう金曜日です。
いやんなっちゃいますね。

先日は久しぶりに黒川君が顔を見せてくれました。

昨年は、「ドラクエ」を好きなこが新作
こうなって
を熱く語ってもらいましたが、黒川君はその「ドラクエ」を作っているんですよ。

会わせてあげたかったです。

なかなか楽しい話が聞けましたが、新しい3Dプリンターの面白そうなエピソードのときに待ち合わせの時間になり、聞けずじまいになってしまいました。次に会うのが楽しみです。
こうなります

この時期は定期テストの時期ということもあり、実技との両立も大変です。

昨日までは季節外れな暖かさでしたが、今日は普通に12月の気温です。
風邪をひく人もちらほら出てきましたが、体調管理に注意してがんばってくださいね。

2018年11月14日水曜日

冬期講習会

いつの間にやら立冬も過ぎて、朝晩が寒く感じてきました。

今年から、木更津では4時半を過ぎると、子供たちは家に帰るようにと放送が流れます。
外はすっかり暗くなっていますが、早めにキサビにきている高校生は、その時間から21時近くまで課題の制作を頑張っています。

制作も安定してきているようにも感じますが、良い緊張感をもって取り組んでいきましょう。


12月22日からは冬期講習会が始まります。
受験生には仕上げの時期になります。講習会は1日の制作時間をたっぷりとったカリキュラムなので、入試に対応できる感覚をつかみましょう。

デッサン基礎コースも、画材の使い方やデッサンの指導はもちろん、進路に応じた課題の選択もできます。
これから実技対策を考えている人もお気軽にご相談ください。

また、無料デッサン体験講座もありますので、こちらもご活用ください。
11月25日 13時~16時

2018年10月30日火曜日

多摩美術大学芸術祭

ここ最近は秋らしい晴天が続いて気持ちがいいですね。

キサビでは、ハロウィンも近いとあって、課題も旬な感じのモチーフを組んでみました。
でも、制作は大まじめです。


なかなかいい感じの構図になっていると思います。

静物デッサンの基本に注意してしっかり取り組んでいきましょう。


先週に引き続いて、今週末は多摩美術大学で芸術祭が開催されます。
多摩美の芸祭は、テキスタイルのパフォーマンスが有名ですよね。

今週も晴天が続くといいですね。

多摩美術大学芸術祭
11月2日(金)~ 4日(日)
10:00~19:00
(最終日18:30)

2018年10月13日土曜日

武蔵野美術大学芸術祭

昨日は武蔵野美術大学に進学した船越君が久しぶりにキサビに来てくれました。
今年の夏は新潟に藁アートを制作しに行ったそうで、作品は10月31日まで展示されています。
テレビでも紹介されていましたが、なかなかの大作ぞろいです。
近くに来られた際は立ち寄ってみるといいですよ。

わらアートまつり
新潟県西蒲区 上堰潟公園
平成30年10月31日まで展示


今年は芸祭にも参加するそうで、なかなかシュールな企画を教えてもらいました。
小道具の制作に忙しいそうですが、間に合うといいですね。
ムサビの芸祭は、毎年にぎやかなので、興味のある方はきっと楽しいと思いますよ。

楽しそうな学生生活を送っているみたいで安心しました。
帰省した際はまた寄ってくださいね。


武蔵野美術大学芸術祭2018
10月26日~28日
10:00~19:30

2018年10月11日木曜日

美術展に行ってきました

先日は久しぶりのオフだったので、「フェルメール展」と「ボナール展」に行ってきました。


フェルメールの作品は、最近、国立西洋美術館に常設展示されましたが、作品自体が少ないので一度に数点を観られるのは貴重な経験です。

きっと混んでいると思って朝一で出かけましたが、開館の30分前になのにそれなりの人たちが並んでいました。

入るころには清水観音堂周辺まで列が伸びていましたので、休日に観に行かれる方は、9時30分入場のチケットを買い、9時前には並んでおいた方がいいと思いますよ。

美術館内に入ったら、先にフェルメールの作品が展示されている場所に行き、十分に観賞したら他の作品の場所に行くといいかもしれません。
(10時30分から11時までの間は入場者がいませんので、ゆとりをもって最初の部屋を鑑賞できました)

フェルメールの作品も、かなりじっくり観ることが出来ましたが、どの作品も情報量が多い絵画なので、ちょっとくたびれてしましました。

フェルメール展
2018年10月5日~2019年2月3日
上野の森美術館




「フェルメール展」の後は、日比谷線に乗って国立新美術館で開催されている「ボナール展」を観に行きました。

個人的には、むしろこちらの方が楽しみでしたが、期待通り大変楽しい展覧会でした。

会場内ものんびり作品を鑑賞することができ、以前から観たかった作品にも会うことができて、充実した時間を過ごせました。
おかげでフェルメール展の疲れもすっかり取れました。

ボナールはキサビにも画集があるので、興味がある人はみてくださいね。

「ピエール・ボナール展」
9月26日~12月17日
国立新美術館



帰りは、いつものように青山ブックセンターに寄ろうと思ったのですが、六本木店が閉店していることを忘れていたので、着いたときは愕然としてしまいました。

本当にがっかりです。


とはいえ、今年の秋も興味深い展覧会が多く開催されていますので、時間があるときに観に行ってみるのもいいと思いますよ。




2018年9月29日土曜日

すっかり秋ですね

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、まさに秋分の日を境にすっかり涼しくなりました。

とはいえ、今週末はまた台風が上陸するみたいで、不安定な天気は続きそうです。

体育祭など学校行事も忙しい時期ですが、キサビでもみんな集中して取り組んでいます。

来週からはもう10月です。一つ一つの課題を積み重ねて実力を上げていきましょう。